積層情報表示灯(Φ60)(DC24V)(PoE利用時DC48V)
LA6-POE型

商品単価 ベース価格: 60,588円

  • 型式: LA6-POE
  • メーカー: パトライト

仕様選択
必ず項目毎に1個は選択してください。

PoE対応仕様




型式及び仕様の選択内容を確認の上カートに入れる
ボタンを押してください。※価格は税込表記です。
注文数量:
商品説明
製品詳細情報


パトライト 積層情報信号灯 LA6−5DxxWB−POE型
定格電圧:DC 24V (※ PoE利用時 DC 48V)
表示灯外径:60mmタイプ
ボディ色:オフホワイト
点滅・ブザー機能:対応
表示灯段数:5段
発光色:編集プログラムの設定によ予め用意された21色から発光色を自由に設定可能。
PoE機能:対応
取付け仕様:直付け・据置き より選択

[ 21色イメージ ]

【本ページで購入いただける型式】

              
製品の特長
『LA6−POE型』その注目ポイントは・・・

その1 PoE(Power over Ethernet)に対応!
PoEって?
 Ethernetの通信ケーブルを利用して、電源を供給する技術のこと。
 コンセントの位置から離れているなど、電源供給が難しい場合でも、PoE給電可能な
 HUBとLANケーブルで接続すればカンタンに電源供給できます。
 だから、らくらく省配線ができます。
その2 Modbus/TCP、ソケット通信コマンドで
     表示灯の制御が可能。
Modbus/TCP、ソケット通信コマンドでの制御って?
 Modbus/TCPは、TCP/IP上でModbus通信を行うためのプロトコルです。
 Modbus(モドバス)とは、米Modicon社が1979年に同社のプログラマブルロジック
 コントローラ (PLC) 向けに開発されたシリアル通信プロトコルです。
 仕様はオープンであり、無償で利用できるなどの特徴からFA業界では汎用的に採用され
 ている通信プロトコルの一つです。
 Modbusプロトコルは、マスタ/スレーブ方式で、マスタが通信の起点となります。
 スレーブは、マスタから要求された機能を実行し応答メッセージを返します。
 他のネットワーク規格と異なり、対応機器同士を実際に接続できるかは実機による検証が
 必要になります。
その3 21色マルチカラーで自由自在に見える化を
     よりインパクト演出!
21色マルチカラーって?
 本体LEDユニットの発光色の予め用意された21色からカンタンに
 編集ソフト(EDITOR for LA series)で設定できます。
 これにより自由自在によりインパクトのある見える化を演出できます。
 加えて、発光パターンも同一ソフトで設定が可能です。

 ※ 無償提供の簡単「専用データ作成アプリケーションソフト」をご利用ください。。
その4 ミラーリング機能
ミラーリング機能って?
 ミラーリング元となるLA6-POE型に対して、ネットワーク上に接続されている
 他のLA6-POE型(最大8台)を同じ状態にする事が出来ます。


外観図と各部の名称


取付方法
! 注 意
・ 取付面は、製品の重さに耐えることができる十分な強度と平らな場所を確保してください。
  また、仕様をこえるような振動のある場所では使用しないでください。
  製品の落下によるけがや、製品破損の恐れがあります。
・ 製品は必ず正立状態で取り付けてください。
・ やむを得ず凹凸のある場所に取り付ける場合で、かつ防水性能が必要な場合は、製品と
  取付面の隙間にシーリング処理を施してください。( TNタイプ )
IP54が必要な場合は、取付面に各ブラケットを固定する際に、ねじまたはナットの部分
  および配線穴にシール処理を施してください。( TNタイプ )
・ LANケーブルを屋外から引き回さないでください。雷の影響を受ける場合があります。
・ LANユニットとスタンドカバーを分離することはできません。( SNタイプ )
・ ゴムシート貼り付け前に底板や設置場所のゴミ、ホコリ、水、油などをきれいに取り除いて
  ください。( SNタイプ )
・ LANケーブルとリード線は付属していません。
[TN]直付け仕様の場合

[SN]据置き仕様の場合

端子台コネクタ着脱

 



配線方法

配線例
基本的な配線例を記載しています。
特殊なご使用方法の場合において、ご不明な点は配線前に当社パトライトの技術相談窓口
へお問い合わせください。 (無料通話)0120-497-090
<<注意>>
信号灯モードにおいて点灯・点滅を併用する場合は、外部接点側で点灯用・点滅用それぞれ
に外部接点(出力ユニット)を用意する必要があります。

■有接点リレー・DC24V入力で接続する場合

     ※図中「 銑は、上記配線方法の端子台コネクタPIN配置」参照
■PLC(NPN型トランジスタ)・DC24V入力で接続する場合

     ※図中「 銑は、上記配線方法の端子台コネクタPIN配置」参照
■PLC(PNP型トランジスタ)・DC24V入力で接続する場合

     ※図中「 銑は、上記配線方法の端子台コネクタPIN配置」参照
■有接点リレー・PoE入力で接続する場合

     ※図中「 銑は、上記配線方法の端子台コネクタPIN配置」参照
■LANケーブル接続する場合
  LANケーブルは、カテゴリ5e以上の物をお使いください。
  ストレート、クロスどちらでもお使いいただけます。
  << 注意 >>
    ・PoE給電装置は、必ずIEEE802.3af準拠品をお使いください。
    ・PoE給電装置とDC24V電源の両方を接続した場合、DC24Vが優先されます。
    ・PoE給電機能付HUBとDC24V電源の両方を接続した状態からDC24Vを切断
     した場合、本製品が再起動する場合があります。

 
 
仕様
■ 製品名称:積層情報信号灯 LAR-5DTNWB-POE(直付けタイプ)

■ 製品名称:積層情報信号灯 LAR-5DSNWB-POE(据置きタイプ・クリアスイッチ付)



オプション(関連製品)

NH-WST2型
壁面取付けブラケット

SZK-003W型
壁面取付けブラケット

SZW-060W型
据置きブラケット

PWS-AD型
ACアダプタ


ユーザーレビュー

レビューを書く 
商品のレビューはまだありません。