緊急メールチェッカー パトメール

緊急メールチェッカーパトメール

パトメールとは・・・

担当の方が、離席中の場合や、別の作業中に気付かない緊急メールを受信した際に、
パトライトの「光」「音」で周囲に知らせる為のソフトウェアです。
あらかじめ、ターゲットとして受信するメールの「件名」、「送信元アドレス」等と、連動する
「パトライトの動作条件」を設定しておくことで、メールの内容別で、可視化する事ができます。

こんな事で困っていませんか?

すぐに見て欲しい緊急
メールを、気付かないで
放置してしまう・・・
緊急メールの受信に備え、
メールソフトを起動して
おくと、情報の漏洩が
心配・・・
複数箇所に緊急メールの
受信を知らせたい
メール用のPCが設置
できない場所にいるので、
気付かない
すぐに見て欲しい緊急メールを、気付かないで放置してしまう・・・緊急メールの受信に備え、メールソフトを起動しておくと、情報の漏洩が心配・・・複数箇所に緊急メールの受信を知らせたいメール用のPCが設置できない場所にいるので、気付かない
パトメールが解決します!
パトライト(表示灯)との連携で、光・音で周囲に知らせます。(メール閲覧PCがOFFでもOK)
パトメールPCが起動していれば、メール閲覧PCがOFFでも、メールソフトが起動していなくても、受信を知らせます。
最大5台(※)のパトライトと連携が可能、携帯電話も最大200件まで、緊急メールの受信をお知らせします。
※パトメールNの場合
メール閲覧PCが置けない環境でも、パトライトを設置できれば、緊急メール受信をLAN経由の遠隔地で知る事ができます。
※パトメールNの場合

設置環境に併せて選べます

パトメールN+LAN接続型表示灯
メールPC若しくはパトメールPCから離れた場所のLAN接続型表示灯(パトライト)を制御する事ができます。
最大5台のパトライトと連動が可能なので、様々な環境下で細かな設定条件を適用できます。
LAN接続型表示灯のPing監視機能を活用する事で、パトメールPCや回線の死活監視も可能です。
※LAN接続型表示灯は下記のモデルから選択いただけます。
【1段仕様(色も選択いただけます)】
・NHS -1FB1 (-R)(-Y)(-G)/NHP/NHL -1FB2 (-R)(-Y)(-G)
【2段仕様(色も選択いただけます)】
・NHS -2FB1 (-RY)(-RG)/NHP/NHL -2FB2 (-RY)(-RG)
【3段仕様】
・NHS -3FB1-RYG/NHP/NHL -3FB2-RYG
表示灯は、NHシリーズを最大5台まで制御が可能です。
動作可能な表現方法には本機能上で制限がございます。
(点灯・点滅1パターン・ブザー吹鳴2パターンのみ)
パトメールNはネットワーク監視表示灯NHシリーズに対応しています。
ネットワーク監視表示灯については コチラ